イラストレーター・ユウのお仕事やイベントのお知らせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

展示への想い。

ふたご展、後5日で終了となってしまいました。
たくさんのご来場本当にありがとうございます。

先日、ふくい工芸舎さんへ行き
皆さんからいただいた感想やメッセージを
読ませていただきました。

伝えたいこと、表現したいことがちゃんと描けていたか
いつまでも不安でいたけれど
皆さん、丁寧に作品を見て下さり
色々なことを感じていただけたことが
感想の言葉から伝わり
本当に嬉しく思いました。


個展には毎回、想いがたくさん詰まっています。
でも今回は
自分が子どもを出産してから初めての展示という事で
親と子、大人と子どもについて
どうしても描きたい世界があり
そして、ここまでテーマに集中した展示は初めてだったので
新たな特別な想いがありました。

どんな風に伝わるのか、ちゃんと描けたのか・・・という緊張と不安もありました。


自分の表現が未熟なばかりに
ただ育児日記のように受け取られたら
本当に描きたかった世界が伝わらない。

タイトルは「きみとの毎日のこと」ですが
自分の育児を発表するためではなく

自分が育児を通して知った気持ちを描きながら
今、がんばっているお母さん達に
これからお母さんになる人に
隣で見守る家族に
いつか子どもだった人達に
そして今、子どもの人達に

あぁ、そうだね
そうそう、そんなことあったね
もしかして、そんなことおもっていたのかなぁ
家に帰ったら、もうすこし優しくしてみようかな・・・
なんて

作品と会話してもらえるような展示をしたいと思っていました。

子どもに関わるのは親だけではありません。
そしてまた、お母さんも一人ぼっちではありません。
みんなにどこか、当てはまるかも・・・と思いながら
並べる絵を決めました。

「あたし、あんたにあうために・・・」のおばぁさんの絵のモデルは
88歳の私の大お姑さん。

「明日、あなたにもっとやさしくなれますように」と
「あなたにあえたわたしの人生が・・・」の絵のモデルは
私の父と母です。


自分では展示全体で伝わるようにと試行錯誤しましたが
それが出来たのかどうか、空回りしていないか不安でした。

その不安がそのまま伝わってしまったら
それは私の未熟さです。
今回、新たな方向への一歩でもありました。
手厳しいご感想も覚悟のうえです。
それも、すごくありがたいです。

そんな中、先日
会場にみえたお二人のお子さまとお母さまに声をかけた時
丁寧に作品の感想を伝えてくだり

きっと日々忙しいであろう、お母さまの表情が
どこかとても柔らかくなったような気がして

私は、「描いてよかった・・・。」と心から思いました。

想い入れが強すぎて
いつまでも私、緊張していたんですね。

それが
たくさんの感想を読ませていただいたり
メールをいただいたり
友達から、教えてもらったり
直接、お客様とお話させてもらい

するすると、その緊張がほどけていくようです。



もうすぐ終了という事で
作品への想いを語ってみました。


ご来場いただいて本当に感謝しています。
そして
ふくい工芸舎さんの岡本さん
いつも細やかな心遣いありがとうございます。

少し淋しいですが
ふたご展、後5日で終了です。


最近、夕焼けがきれいですよね。
スーパーから出たら、こんな夕焼けで思わず携帯で写真を取りました。
CA3G0306.jpg
プロフィール

yu

Author:yu
イラストレータひらたゆうこ
最新のお知らせを書いています。
詳しいイラストブログは、HPより「えかきにっき」へ
お越しくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。